一石五億鳥

一石で五億鳥くらい仕留められれば人生イージーモードだろうな、みたいなことを考えながら書くブログ

自称キチガイ=キチガイじゃない法則についての考察

2014-10-17-14-20-47

はい、というコトで今回はTwitterなどでも良く見かける

自称キチガイキチガイじゃない法則

について考察していきたいと思います。


まず、キチガイの定義とは何か。

そこから考えていきましょう。
きちがいとは、本来は発狂した人間、端的に状態が著しく常軌を逸した人間。漢字では気違い気狂いとも表記する。気が違う気が狂うキ印狂人とも表現する。動詞にすると、「気違いじみる」(自上一)などと使われる。転じて統合失調症患者、知的障害者、または理性が欠如した者に対する、俗称として使われる[要出典]現代社会において、差別用語とされる。      Wikipediaより引用)

だ、そうです。

Wikipediaさんでは長々と文章を連ねていますが、つまり読んで字が如く、

気が狂った人

という意味ですね。


では、
キチガイ=気が狂った人

という等式を


に代入すると、

自称気が狂った人

というコトになります。

キチガイと表記すると若干ニュアンスが和らぎますが、詰まるところ頭がおかしいと自称しているので、やっぱり頭がおかしいのでしょう。


しかし上記の通りだとすると、

キチガイというものは自称すれば誰でもなれる

というコトになってしまうので、少し疑問が生じていまいます。

仮に、健全な人が

「私はキチガイだ」

といったところで、それはキチガイと分類されるのでしょうか?


答えはイエスともノーとも言えると僕は考えます。

先ず、

「自分自身のコトを気が狂っていると発言」

という一点に置いては確かにキチガイだと言えるでしょう。

だが、

その言葉以外の言動などといったその人自身の人格及び、その他の行為

キチガイだとは言えないでしょう。

つまり、一側面から見ればキチガイ

だが、他の面から見れば否である。

これが結論である。

要するに、仮にTwitter

キチガイ体操いくよー!✌(´◓◞◒◟◓`)✌キッキキキキwwwwwwwwキチントキチキチwwwwwwwL( ^ω^ )┘ム゙ォーム゙ォー└( ^ω^ )」♪パッパロロロロ。・゚・(^o^)・゚・。ワンワンオッ!┗┏┗┏┗┏(’o’)┓┛┓┛┓┛

などの俗にキチガイと呼ばれる顔文字を乱用した長文ツイート自体はキチガイと呼べる。

しかし、それを使用した投稿者側の方は健全であり、これを使ってキチガイを自称していたのならば、

この文章を使ってキチガイ振ろうとした行為自体はキチガイであり、それによって自身は振ろうとしなければキチガイになるコトが出来ないと自覚してしまっている健全な人間である

という考察がまとまるのである。

あくまでこの考察は、僕自身が独断と偏向で綴ったものであり、完璧な意見ではありません。

こういう意見もあるんだなー、くらいの軽い気持ちで受け取ってもらえれば嬉しいです。